タラバガニやズワイガニも!おいしいカニを日本全国で楽しめるカニ通販サイトを比較!

カニ通販でトラブルにあわないために知っておきたいこと

最近カニを購入する方法として通信販売を選ばれているお客様が増えているのはご存知でしょうか?
通信販売ではお店ではなかなか扱っていないような種類のカニを取り扱っていたり規格外商品を販売していることがあるからです。

規格外商品とは水揚げの際に爪が折れていたり足が欠けて商品価値が落ちたカニのことで、そういったものは処分されるのではなくインターネットで安く販売していることがあります。
味は通常の金額で売られているものと変わりません。ただ形が悪かったという理由で、はねられたものなので味は保証されています。こうした規格外商品を販売しているのもインターネットならではです。

またカニを通販で購入する際、現地でとれた新鮮なカニを新鮮なまま冷凍し、そのまま販売しています。
そのためスーパーで購入するものよりも鮮度が良く、大きさも重量もあるので人気となっています。

では、たくさんの方が利用しているカニの通販でよくあるトラブルとは何でしょうか?

 

よくあるカニ通販トラブルとは?

①業者の選び方
まず業者の選び方として、住所や電話番号に代表者の名前と写真等ある程度必要意向がオープンになっているサイトを選びましょう。業者の歴史や創業者、カニの品質保証や返金保証等も可能かどうかを調べます。
通販サイトにブログがあれば、そのブログがこまめに更新されている業者もお勧めです。

実際にその業者で購入されたお客様の評価も参考にしましょう。この評価やレビューの少ない業者はあまりいい業者とは言えません。人気のお店はお客さまからのレビュー評価も口コミ件数も非常に多いです。

 

②トラブルの実例と対策
カニが食べたい時期を狙ってカニをしつこく売りつけてくるような電話や、ひどい場合はカニを勝手に送り付けて代金を請求されるというトラブルがあります。
このように知らない商品が勝手に送られてきた場合、開封せず業者へ送り返しましょう

電話でのセールスも結構多いです。「国産の良いカニがとても安く買えます」という誘い文句に乗ってしまって勢いでカニを購入したという人もいます。あんなに電話では良いカニだと言っていたのに、いざ届いた商品を見るとかなり粗悪なものが送られてきます。それどころか代金だけ払ってカニさえも届かないという最悪の業者もあります。

通常良心的な業者の場合、電話でカニをセールスするようなことは一切しません。なぜなら自然とお客様が口コミやレビューを見てどんどん購入していくので、業者がなにもしなくてもどんどん注文が殺到します。

この電話による詐欺は、お年寄の方が引っかかりやすくなっています。特に最近は一人暮らしのお年寄りが多いので、周りに止めてくれるような人もおらず独断で購入してしまい後からトラブルに巻き込まれてしまうケースもあります。

 

トラブルを回避する方法とは

①電話でのカニ販売は断る
電話先で話している人はとても言葉巧みに熱弁しているので、思わず買ってしまおうという気持ちになってしまいます。しかし、本当にいい通信販売業者は、何もしなくてもお客さまのほうが寄ってきます
電話先での巧みなセールストークは無視をしましょう。お年寄が独り暮らしだった場合、ひっかからないためにも普段から声掛けをするといいでしょう。

②保証内容を確認する
どんなに業者が検査をしていいものを詰めたとしても、欠けていたり傷んでいた場合もあります。そんな時のために返品・返金保証がついている業者を選びます。
全てにこの保証内容がついているとは限らず、中身をみて返金・返品を希望すると言っても対応してない業者もあるので、きちんと保証内容まで充実した業者を選ぶようにしましょう。