タラバガニやズワイガニも!おいしいカニを日本全国で楽しめるカニ通販サイトを比較!

カニのポーションとは?おすすめの食べ方紹介!

日本人の誰もが好きなカニ。
ふっくらとした身と濃厚なみそは酒が進むと大人気ですね。鍋や焼きガニにすればお子様も大喜び、冬の味覚の王様ともいえるカニですが、近年通信販売でカニを購入されるお客様が多いのはご存知でしょうか?

通信販売では希少部位の規格外商品が展開されており、爪や足が折れてしまって商品価値のない部位を集めて売っているのが規格外商品なのですが、ただ足が折れたりかけているだけで味は変わりません。
価格は安いので、この商品を狙っているお客さんもたくさんいます。特に冬はカニの美味しい時期なので、通信販売でも販売開始するとあっという間になくなってしまうので戦争状態です。

 

美味しい食べ方と正しい解凍方法

カニのーションという言葉を聞いたことはありますか?
カニのポーションとは最近人気が出ている、カニのむき身の事を言います。
手足の殻をむいた状態なので、カニを解体する必要はなく、食べる時に殻をとる必要もないので、お子様でもすぐに食べることが出来ます。

スーパーや市場で購入したり、通信販売で購入した時は、冷凍された状態で届きます。
ポーションも2種類あり、生の状態で冷凍されたものとボイルして冷凍したものの2種類がありますが、ほとんど生の状態で届きます。生の場合はボイルと違って解凍方法が重要になります。
解凍方法を間違えるとドリップといううま味成分が逃げてしまい、カニ本来のおいしさが抜けてしまうのです。

通販やスーパーで買うとカニの表面に氷の膜が張ってある状態なのはわかりますか?
これをグレースと言って、加工によって作られます。乾燥してカニの身がぱさぱさにならないためと、うま味を失わないようにするためです。

カニのポーションは、ズワイガニ・タラバガニ・毛ガニは、人気種となっていることから市場でもよく出回っています。この中で特に出回っているのはズワイガニで、タラバガニのポーションに力を入れている業者もたくさんいます。
生カニのポーションは解凍しすぎると身がむき出しなものがあり黒く変色して味が落ちます。
早く解凍したいからといってお湯やレンジで解凍するのはお勧めできません。うま味が一気に抜けます。

理想的な解凍方法は冷蔵庫でゆっくり解凍することです。
カニを解凍すると白い液がでますが、これはカニを覆っていたグリースが溶けたもので、うま味が逃げているのではありません。

 

おすすめの食べ方は?

一番はそのまま刺身で食べたりしゃぶしゃぶにすることで、カニ本来の濃厚な味を堪能できます。特に刺身はゆでたり焼いたりしたカニとはまた一味違い、とろっととろけるような口当たりと甘みが口腔内に広がります。
しゃぶしゃぶにすれば外の実は引き締まり中をレアにすれば、違った食感を2つ同時に楽しむことが出来ます。

他にもフライパンにバターを塗ってバター醤油焼きにすればお子様も大喜びのカニのソテー、天ぷらにして楽しんだりバーナーで軽く表面を炙って香ばしさをプラス、ゆでてほぐしたらコロッケやグラタンに折れるなど食べ方は自由自在です。

タラバガニは天ぷらやバターソテーなど加工して食べるとぷりぷり触感が溜まらない美味しいおかずに。
ズワイガニは風味が強いので生で食べたりしゃぶしゃぶにすることをお勧めします。

カニの種類によっても加工して食べたほうがいいのか、生で食べたほうがおいしいのか色々違います。
出回っていりポーションも品種は限られますが、自分で殻を剥く必要がないので手も汚れずいちいちカニの殻をむく手間も省け、更に新新鮮なうちに加工さえていることから味も保証されています。