タラバガニやズワイガニも!おいしいカニを日本全国で楽しめるカニ通販サイトを比較!

蟹の美味しい部位はどこ?名前や味の特徴

今の時代、カニはインターネットで購入できる時代です。カニを専門に取り扱っている専門店もたくさんあり、スーパーではなかなかお目にかかれないような種類のカニまでたくさんあります。規格外商品も取り扱われており、一級品の味が低価格で購入できると評判です。これ以外にもお得なセットが販売されていることも多く、スーパーで購入するよりも品質のいいカニが手に入ると、最近ではインターネット通販から購入されるお客様が増えました。

ただ、インターネットを利用されるお客様が増えているということで、悪質な業者の存在も増えてきています。電話でカニを言葉巧みに買わせたり、ホームページでは立派なカニの写真が掲載されているのに届いたものは写真とはだいぶかけ離れ、返品したくても住所や電話番号もでたらめで、返品・返金保証のない業者だったということもあります。

悪質業者に当たらないためにも購入するときは業者のレビューや口コミを参考にしたり、電話番号や住所に創業者の名前や代表者の情報などがきちんと細かく掲載されている業者を選ぶようにしましょう。

また、カニというと、爪や足に甲羅など様々な部位がありますね。ざっくりいうとその3部位になりますが、もっと細かくすると名前の名称や味もそれぞれ異なります。今回はそちらについてご紹介していきます。

 

各部位の名前と味の違いとは

①親爪
親爪はカニを広げた状態をイメージするとはさみのある部位です。
どのカニも右側の爪が左側よりも大きく、右の爪を親爪といいます。
この部位はカニにとっても良く動かす部位なので、身の締まりがよくうま味も抜群です。

②爪下
はさみ部分の下で甲羅に繋がっている部位を爪下といいます。
味はさっぱりしてたんぱくです。

③甲羅
タラバガニの場合は甲羅の中央下の突起の数でアブラガニと区別します。
毛ガニやズワイガニは甲羅に酒を注いで甲羅酒を楽しめます。

④棒
はさみ以外で甲羅に繋がっている部分足の部分の事を言います。
もっともよく食べられる部位で、殻をむいてポーションにして販売することがあります。
棒は身がぷりぷりで、うま味が強く食べやすいので人気の高い部位です。

⑤らっきょ
足のナンバンと棒の間の関節部分です
ポーションの持ち手部分になります。

⑥ぼんぼり
足の爪先とらっきょの間の部分です。
身は少ししかありませんが上品な味わいを楽しめます。

⑦ナンバン
ナンバンも足の爪先とらっきょの間の部位です。
身は少なく繊細で上品な味わいを堪能できます。

⑧爪先
足の先端部分のことです。

⑨ふんどし
前掛けともいわれる部位です。
このふんどしが三角ならオス、丸みがあればメスです。

 

各部位の違った味を楽しもう

カニは1つの部位で違った味や触感を堪能することが出来ます。
良く動かす親爪は身がしまってうま味もあり、量は少ないですがぼんぼりもナンバンも繊細な味を楽しめます。

良く冷凍ポーションで取り扱われている棒は、さっぱりとした味が特徴で、万人受けするような味です。
味噌もカニの種類によって濃厚な味のものもあれば、少々生臭くて食すのには不向きなものまで様々です。
肩肉に関しても味は濃厚でおいしいのですが、この部位は食べにくいので味噌汁など出汁の代わりにするとおいしくいただけます。

普段私たちはカニの部位をざっくりとした表現で言うことが多いのですが、ぼんぼりやらっきょなど聞きなれない名前の部位もありますよね。
部位によって味も食感も違うので、今度カニを食べる際は各部位ごとの違った味と食感を楽しむように食べてみてはいかがでしょうか?
部位によっても生で食べたり加工して食べたり、それぞれ楽しみ方も違って面白いです。